日々更新中!

青柳貴史(硯職人)の年収や年齢は?経歴や高校大学についても調査!

宝研堂4代目製硯師・青柳貴史

ハーイ☆

Sunnyです☆

過去に書道の先生で硯といっしょにお風呂に入っているという方がいました

そのときはちょっと理解できなかったのですがそれも何か意味があったのだといまでは思います。。

[voice icon=”https://keisunny.com/wp-content/uploads/2017/10/figure_ouen.png” name=”Sunny” type=”l”]すさまじく[/say]

かっこいいと思いますよね!!青柳さんのインタビューや仕事風景を見ていると書道の魅力に引き込まれます^^

 

書道の良い技術はよい紙やよい筆よい硯や墨にも勝るとも言いますが職人さんが創り上げた質の良い道具を使うと一味も二味もいいものを作れるように思います。

きょうは「情熱大陸」に出演された書道用品専門店の宝研堂4代目製硯師青柳貴史さんについてチェックします☆

スポンサーリンク

青柳貴史のプロフィール

生年月日
1979年(昭和54年)2月8日

2018年1月16日現在は38歳
だと思います。

すぐにお誕生日なので、もうじき39歳ですね。

 

4代目宝研堂(ほうけんどう)の製硯師(せいけんし)

三井記念病院で生まれました。生家は浅草だそうですが3歳から21歳までは日暮里で過ごします。

浅草といえば昔ながらの専門的なショップもたくさんありますよね。

 

青柳さんは書道用品専門店の宝研堂の4代目製硯師として硯の修理からオーダーメイド製作まで書道用品専門の仕事をされていますよ

学歴・経歴

高校、大学と通われていたことは明らかですが出身校の名前は上がっていませんよね。

高校時代は剣道に打ち込み土日などは祖父や父から仕事を学んでいたそうです

大学では中国での買い付けに役立つと考え中国語学科で中国語を学んでいたといいます

 

大学3年の21歳のときに祖父の死があり製硯師の仕事に集中するためお父様に弟子入りされています。そのため中退されています

現在大東文化大学文学部非常勤講師をされているのでこちらの学校となにか関係があるのかなって思いました。

スポンサーリンク

小学生の時に祖父や父の仕事姿を絵にかくことがあり、そのときに感動したそうです。祖父もお父様も

ももちろん製硯師でした。16歳のころから祖父と父・彰男さんに製硯師としての技術を学んでいたそうです。

年収

職人さんの家系でチェロやスポーツカーをお持ちのことから最低1500万円から2000万円はあるでしょうか

特殊な職業で4代目ともなる由緒あるお店を運営されていること商品はとても多くどれもがこだわりの逸品ばかり

商品の値段は1000円から億まで、しかもオーダーメイド製作もされています

あとは中国での買い付けなどもされていることから、たしかに出費もあると思いますが4代続く経営スタイルと代わりのきかない職人技をお持ちです。

年収はもっともっとあるんじゃないかなって思いますよね

まとめ

幼いころから祖父と父の姿を見てかっこいいと思ってきたお仕事を今されていてとても素敵ですね☆

職人さんの心が込められた硯の良さをもっともっと知りたくなりました!


テレビ番組で取り上げられた方々について☆
青柳貴史(製硯師)の彼女や結婚した妻は?硯の値段や販売店についても ヤナギダマサミの年収や経歴は?年齢や出身地についても調査! 松田誠の年収や経歴は?年齢や結婚した妻や子供についても調査! 小澤俊文(コロンバン社長)の年収や年齢は?経歴や妻についても!

最後まで読んでいただき

ありがとうございます(o^―^o)

この記事が気に入ったらSMSで

シェしていただけると嬉しいです!!

↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。