日々更新中!

青柳貴史(製硯師)の彼女や結婚した妻は?硯の値段や販売店についても

宝研堂4代目製硯師の姿!!

ハーイ☆

Sunnyです☆

来ましたね!!硯職人さん☆

習字は、たしなみとして習っていたという方も多いと思います

ただ大人になっても書を続けている方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか

 

私は今も学生時代に使っていた筆たちを保管していますが引っ越しが多いため硯は重いので人様に譲ってしまいました。

親戚もたいそう周りの部分が特に大きくて立派な硯をいくつも持っていて譲り受けましたがやはり重く持ち運びが難しいため手元にはないですね

一般的な効率学校で揃える習字で使うものとは違って書道では紙や筆、硯、墨の質が違ってきますね。中国で作られている紙や良い質のものはお値段も高めです。

 

ある程度技術がないと、良い筆や紙を使えども初めのころは滑らかに動かないし、本当に難しかったりしますよね

けど硯や筆、墨、紙の質は書道の芸術作品を作り上げるために欠かせない大切なポイント☆彡

スポンサーリンク

青柳貴史のプロフィール

生年月日
1979年(昭和54年)2月8日

2018年1月16日現在は38歳
だと思います。

すぐにお誕生日なので、もうじき39歳ですね。

 

三井記念病院で生まれました。生家は浅草だそうですが3歳から21歳までは日暮里で過ごします。浅草といえば昔ながらの専門的なショップもたくさんありますよね

青柳さんは書道用品専門店の宝研堂の4代目製硯師として硯の修理からオーダーメイド製作まで書道用品専門の仕事をされていますよ

彼女や嫁や子供はいる?

堂本剛さんと並んでもイケメン。彼女さんや奥様のお話はぜんぜん出てきません。まだ結婚されていないかもしれないしされているかもしれません。

もし意気の合う方がいるとしたら四六時中硯のことを考えているという貴史さんの人生や目的と同じ考えを持っていたり志や考え方をしっかりと理解している人でしょうね

貴史さんは子供のころから自然と次第に製硯師になると考えていたようです。中国での買い付けに役に立つとも考えて大学では中国語学科に進学していたそうです。

 

現職も考えると青柳さんはすでに中国にも行き来し、買い付けを行っていらっしゃるので中国語は当然話せる方ですよね。

書道について理解のある日本人または中国の方かもしれませんね~^^

スポンサーリンク

また貴史さんは多趣味ですね☆趣味は音楽と車でチェロで民族音楽やクラッシックを弾きこなし、車は、運転を楽しみたいのでスポーツカーをお持ちということですよ☆

 

チェロにも車にも「作った職人の思いが、その製品によく表れる」それらに触れる時、そのことを強く感じ感動するとおっしゃていて自分が作る硯も手に取った人にそう感じてもらいたい

という思いを込めて作っているそうです。素敵ですね

車もチェロもただ使う、とか楽しむ、だけでなく作り手が込めたものまで感じ取っているんですね!そんなこんなできっと彼女さんや奥様として選ぶ方は

 

こんな風に青柳さんと一緒に音楽を楽しんだりしっかり感じ取れる視野が広く誠実な方だと思います☆彡

宝研堂の取扱商品

児童向けのものから幅広く取り扱っているそうですよ

1000円程度から上は億単位とか

文房四宝、額装、軸装、書籍など書道に関する様々な用具をおいているようです

 

書道用品専門店ということで、すばらしいですね!!

宝研堂の場所やアクセス

株式会社 宝研堂
住所
〒111-0042 台東区寿4-1-11

電話
03-3844-2976
FAX
03-3844-1387

定休日
第2、4、5日曜 祝日
営業時間
月曜~土曜/9:00~18:00
第1、3日曜/10:00~17:00

休業日
【9月】23(土・祝)、24(日)
【10月】8(日)、9(月・祝)、22(日)、29(日)
【11月】3(均・祝)、12(日)、23(木・祝)、26(日)
【12月】10(日)、23(土・祝)、24(日)、30(土)、31(日)
【1月】1(月)~4(木)、8(月・祝)、14(日)、28(日)
【2月】11(日・祝)、12(月・祝)
【3月】11(日)、21(水・祝)、25(日)

〒111-0042 東京都台東区寿4丁目1−11の地図

まとめ

青柳さんの硯がとても気になりますね!

彼女さんや奥様はとても立派なお人柄でしょうね^^


こちらもチェック!
青柳貴史(硯職人)の年収や年齢は?経歴や高校大学についても調査!

最後まで読んでいただき

ありがとうございます(o^―^o)

この記事が気に入ったら

シェしていただけると嬉しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。